2015.11.21 Saturday 16:52

早川ユミ リトアニア麻もんぺ 麻ウールもんぺ 麻てんてんもんぺ

早川ユミさんのもんぺ。
リトアニア麻、麻ウール、麻てんてんもんぺ、いろいろあります。






○リトアニア麻もんぺ

丈83cm ウエストゴム

29900円

ゆったりとしたシルエット。白いシャツや、黒のタートルに合わせたり。
履き心地のいいリトアニア麻です。
冬は下に重ね着してあたたかく。









○麻ウールもんぺ

丈83cm ウエストゴム

33000円

ウールの温かいもんぺ。もんぺ裾がかわいいです。










○麻てんてんもんぺ

丈84cm ウエストゴム
麻、墨染めてんてん。

35000円

何にでも合わせられる、使い勝手のよいもんぺ。履いていくうちに、とても柔らかくなって履き心地の良さが増していきます。丈夫で、長持ち。








リトアニア麻もんぺ
《ご注文ページはこちら》


麻ウールもんぺ
《ご注文ページはこちら》


麻てんてんもんぺ
《ご注文ページはこちら》



○展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/




2015.11.21 Saturday 09:14

早川ユミ カチン族手織り布ジャケット

早川ユミさんの定番であり、代表作の赤のジャケット。
カチン族の手織布の赤が、目をひきます。
山羊の毛を紡ぎ、染め、織られた布。ジャケットの内側はシルク。

ユミさんの旅の時間、ものつくりの時間を存分に味わえます。
ポケットやえり、袖口、どこを見ても楽しみが見つかります。

一番外側に着て、暖かくしてくださいね。

カチン族手織布 赤のジャケット
肩幅+両袖丈136cm 着丈48cm
¥151,200
























《ご注文ページはこちら》


○展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
MAIL shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/

2015.11.20 Friday 18:09

早川ユミさんの衣服組み合わせ《その1》

上海木綿種まきスモッグ×びんご節織りもんぺ










ゆったりとしたシルエットのスモッグ。
青のチェックが視覚を引きしめてくれます。そして、びんご節織りは岡山の木綿生地。ざらっとした風合いが魅力的。落ち着いた深緑色です。
どちらも1点ずつの入荷です。

○上海木綿種まきスモッグ
肩幅+両袖丈112cm 着丈90cm
42000円

ご注文ページはこちら

○びんご節織りもんぺ
サイズ 丈85.5cm ウエスト ゴム
29900円

ご注文ページはこちら



○展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/


2015.11.20 Friday 17:31

インドのカンタちくちくジャケット

DMで早川ユミさんが着ているジャケットです。
淡い紫と濃い紫に緑が映えます。

インドのカンタ ちくちくジャケット
肩幅+両袖丈127cm 着丈49cm
¥137000



















ご注文ページはこちら


____________________________

展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/

■営業日時
火水 11:00~19:00 金土11:00~21:00
■住所
東京都千代田区東神田1-2-11
アガタ竹澤ビル202号
03-6413-8049

2015.11.20 Friday 13:18

カレン族草木染め手織り布ジャケット

展覧会の作品を少しずつご紹介いたします。

早川ユミ カレン族草木染め手織り布ジャケット

淡いサーモンピンクの手織り布をつかったジャケットです。
内側は濃い紫色のシルク。
ユミさんのシンプルな麻スカートやもんぺを合わせると素敵です。

詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。
お電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com





















カレン族草木染手織布ジャケット 
84000円

肩幅+両袖丈128cm 着丈42cm
ピンク

ご注文ページはこちら
 

2015.11.18 Wednesday 17:28

早川ユミ「ちくちく絵を描くように」展

開催中!11/4〜11/28

11/13、ユミさんは、真っ赤なカシュクールワンピースで登場しました。


カシュクールワンピース
サイズ 肩幅36cm 着丈112cm
¥42000











ご注文はこちら

馬喰町ART+EAT オンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/

2015.10.05 Monday 22:08

てまぜ教室9月

7月から12月まで、定休日の木曜日にてまぜ教室をひらいています。
9月は【糸と針と布】の第2回目「織る」、【紙とペンとはさみ】の第2回目「切る」
をそれぞれ行いました。

今月のてまぜウォーミングアップはこちら。

この長い紙ひもを使って、、



織っていきます。行きたい方向は自分で決めて。
指が慣れるまでは、頭を使います。


慣れてくると、いろんな太さで、いろんな方向に自由自在。
ノートのページを細く切ってやっていた暇つぶしのてまぜ。


【糸と針と布】「織る」9/10 12:30~15:00

第二回は体を使ったてまぜ。
テーブルと自分の体をつないで、その間に紐を織っていきます。



つながってます。。

テーブルとつながっている紐をゆるめたり、きつくしたりするために、体の力を微妙に抜いたり、入れたり。
手先だけではなく、体全体で織る。なんだか不思議な体験でした。


できた紐たち。
2時間半があっという間にたってしまいました。



ソウマさんの熟練のわざ。。(織り機も使ってます。)


そして、
第一回目の「縫う」の続きをやってきてくれた方がいました!
素晴らしいできです。




◯【紙とペンとはさみ】「切る」9/17 12:30~15:00

折り紙シールを使ってカタチを見つけよう。
世界の巨匠•マティスもやっています。
描くのではなく、「切る」ことでデッサンしていきましょう。
切り絵は「はさみのデッサン」です。



思いついたカタチを切りとると、それと同時に切り取られたカタチ以外のものが残ります。
切ることは、同時にふたつのカタチを生み出しているのです。
実像と影のように、いつもセットです。
細胞分裂のように、カタチは増えていくのです!
時折、影の方がおもしろいことも。



ひとつを3~5分くらいのペースでどんどん切って作っていきました。

↓切り取った方と、切り取られた方をうまくつかっていますね。



具体的なものでも、はさみに手をまかせていい加減(テキトウ)に切っていくのもおもしろい。
カタチが合ってなくてもまったくきにしません。



できた切り絵シールは、絵画のように一枚の紙に構成して貼ってもいいし、
封筒や、紙袋にはってプレゼントにしてもすてきです。

↓封筒や、紙袋もキャンバスです。
自分の作品を仕上げるみたいに、真剣に楽しみましょう!



《次回のてまぜ教室》

【針と糸と布】10/8  第3回 紡ぐ 10/8
【紙とペンとはさみ】10/15
第3回 描く 10/15   「描く不思議。ルールは、消さない。直さない。あきらめない。」

お楽しみに!!

 

2015.09.12 Saturday 14:00

お味噌、ついに完成!

2月の暮らしの手仕事展
「みそ作りワークショップ」へご参加されたみなさまへ


馬喰町アートイートでは2月に仕込んだお味噌を
ゆっくりゆっくり熟成させています。
「みそ作りワークショップ」講師でスタッフの宍戸順子が

お味噌の状態をみながら、“天地返し”や“たまり”をとる作業をしてきました。
今回はいよいよ最終行程です!

↓↓↓

お塩の角が取れてきたところで、半分だけ発酵を止めます。
☞ 小袋に分けて冷蔵庫保管します。

残りはもう一週間常温で待ちます。


※保管環境によりお味も違うのでお塩の角が取れたら、
お好みで発酵を止めて
冷蔵庫へ入れてください!


翌日、さっそくスタッフでお味噌汁にしていただきました。
おいしすぎです!


ワークショップに参加された皆さま、
その後の状況などいかがでしょうか?
ご質問にお答えしますのでお問い合わせお待ちしています。

お味噌作りに興味があるお方も
一度自分で手をかけた“手前味噌”を試してみませんか?

2015.09.08 Tuesday 15:42

早川ユミ新作もんぺ

早川ユミさんの新作もんぺが入荷しました。
webshopにも掲載しましたので、ぜひご覧くださいませ。

たたんで重ねるだけで、布の美しさを楽しめますね。


こちらは、静岡の布、遠州紬を使ったもんぺ。
縞模様と、ゆみさんの墨てんてん模様のポケットが絶妙です。
柄物同士なのになじんでいます。
絵を描く様にちくちく縫うユミさんならではの組み合わせです。



こちらは、岡山のびんご節織を使ったもんぺです。
しっかりとした生地です。はいていくうちに、麻のように肌になじんでいきます。




並べると、それぞれの布の美しさがわかります。


早川ユミさんの個展は、今年の11月に予定しています。
WSもあります。詳細はおってお知らせいたします。
どうぞお楽しみに!

webshopでは、随時早川ユミさんの作品を取り扱っています。
ぜひ、ご覧くださいませ。

馬喰町ART+EATwebshopはコチラ

 

2015.07.22 Wednesday 16:09

てまぜ教室 7月

7月から12月まで、定休日の木曜日にてまぜ教室をひらいています。
7月は【糸と針と布】の第1回目「縫う」、【紙とペンとはさみ】の第1回目「ひく、ぬる」
をそれぞれ行いました。

※てまぜ教室の詳細はこちらをご覧ください。

【糸と針と布】「縫う」7/9 12:30~15:00

暮らしの道具松野屋「繋ぐ仕事×荒物雑貨」展を開催中のギャラリーで第1回目が始まりました。
「てまぜ」は、「手のいたずら、ものつくりのはじまり」という解釈のもと、その豊かな時間を一緒に体験しようという教室です。
松野屋さんが長年各地を巡って集めてきた職人さんの手仕事に囲まれて、この教室のスタートをきれたことは、とてもすばらしいことだと思いました。



毎回、講師のソウマノリコ、山口めぐみセレクトの画集や本を並べています。
絵画、写真、文章はつくるもののジャンルを超えていろいろなものに影響を及ぼします。
一度見た画像や映像は、必ず私たちの身体のどこかに残り、ふとした時に外に出てくるのです。
覚えたりする必要はなく、ただ、いろいろ見ていればいいのだと思います。



毎回、教室の本題に入る前に、「てまぜウォーミングアップ」をします。
今回は、市販のラベルを使って、「ひたすら線をひく」をしました。
1枚につき4分、時間をくぎって集中してもらいました。
みんな違うラベルができました。「線をひく」「縫う」は素材が違うだけで、おなじことなのです。
絵を描く様に縫い、縫う様に線を描くのです。
次回もテーマにそって、おもしろいウォーミングアップを考えていきたいと思います。


さて、ウォーミングアップが終わったところで、残りの2時間はひたすら「縫う」をします。
糸の話、布の話、「縫う」の基本的なことをソウマさんがお話して、てまぜ開始です!








考えずに、針の進むまま。



こうなると、満足できるまで、針はとまりません。


時間は、あっという間にすぎてしまいました。
「縫う」に集中した時間でしたが、あと2,3時間は縫っていたかったです。
2時間でできることは、以外と少ないと感じました。
カンタや、刺子など、どれほどの時間がかかったことでしょう。

集中からはじまり、夢中になると、雑念が消えて、もう一つの世界を体験できると思っています。
その世界は、きっとひとりひとり違います。
ここで大切で、なによりも素晴らしいことは、それぞれがその世界にいる時、他者や自分を否定していないということです。
この教室でもっとも大事にしていることは、まず手を動かすこと。
下手でも、うまくいかなくても、始めれば、必ず終わりがあり、終わる直前の最後の1針はきっと誰もが大事にできるものなのです。


【紙とペンとはさみ】「ひく、ぬる」7/16 12:30~15:00

てまぜ教室では、出席簿に好きな消しゴムはんこを押してもらいます。
消しゴムはんこは【紙とペンとはさみ】の第4回(11月第3木曜日)の内容となっています。





さて、【紙とペンとはさみ】第1回目は「ひく、ぬる」です。
内容はざっとこんな感じです。

\の種類、面の種類を勉強し、参考画集からも探してみる。
国語のノートを使って描いてみる(絶対に描ける方法2種)
1用 パレット(ワークキット)の余白を線でうめてみる
ぅ撻鵐船Д奪しながら抽象画(ペンの試し描きをしながら、まっ白な紙をうめてみる)
コ曚貌れてみる

第1回ワークキットと、使い放題いろいろペン



山口お気に入りのペンはこちら。


インクが出にくくなっても、ペン先が太くて、かすれを楽しめます。


国語のノートを使ったワーク 
線の種類、面の種類を勉強し新しく知ったことをふまえて、描いていきます。
考えない様に、メトロノームのテンポ30のはやさに合わせて、必ずマスをうめていきます。

最初は焦るけど、思いつかなければ、5マス6マスと、おなじ形を描いていけばいいのです。
そうしているうちに、飽きてきて、違う形が必ずうまれます。
2マス目が同じでも、10マス先には全く違う形が生まれているはずです。
そして、実際にそうなりました。





国語のノートとサイコロを使ったワーク

絵を描きたいけど描けない人は、描く前から考えてしまって、結局描かないのです。
なので、サイコロをふって、出た目の数を塗りつぶしていきました。
色を変えても変えなくてもよいのです。ただし、かならず接しているマスをぬっていきます。
そのうち、出た目をぬれなくなったら終わりです。
自分が描いているけど、自分の意志とは別のところで絵が仕上がります。






そして、応用編。

画家のパレットを皆さんは見たことがありますか?
無作為に色が混ざり、試され、積み重ねられた絵の具のパレットは、時として絵画作品より魅力的だったりします。
それは、やはり、仕上げるのが目的ではないから。

そうして無作為にできたパレットの余白を、意思を持って線でうめてみたらとてもおもしろいのではないか。
と思い、やってみました。
なかなかすてきです。



そうやって、できた絵を額に入れてみました。なんだか、それなりに見えてしまいますね!




次回は、9月になります。

【糸と針と布】第2回 9/10 12:30~15:00
■織る 糸と身体をつかってベルト織りをします。



【紙とペンとはさみ】第2回 9/17 12:30~15:00
■切る  「自分が選ばない方を選ぶとおもしろい。カタチのいろいろ。」


次回もお楽しみに!!

※【糸と針と布】は満席です。
【紙とペンとはさみ】はまだお入りいただけます。9月からの参加の場合、4回分の料金とさせていただきます。


詳細はこちら
 

<<new | 4 / 18pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.