2015.12.01 Tuesday 13:23

ピリピリ periperi

馬喰町ART+EATのランチのレシピを作っている料理研究家・小川美穂が綴る「世界の食をめぐる」楽しいエッセー。
実際に滞在したアフリカや中近東の国々のおいしい家庭料理の作り方や、「食」をキーワードにして観たそれぞれのお国柄、興味深いエピソードが満載です。
これまでのバックナンバーをご紹介します。
 

「ピリピリ」
我が家の食卓に欠かせない調味料の中にピリピリがあります。 

ピリピリはモザンビークのチリソースで、言葉の由来はスワヒリ語で唐辛子。 

その響きが日本語でも伝わってくるように超激辛チリソースです。 

モザンビークではこのチリソースを色々な料理にかけていただきます。
たとえはバナナの葉でくるみ蒸した白身魚や海老、串焼きにした鶏などなんにでもかけていただきます。 

私は以前にモザンビークの大使夫人のランチにご招待され、その時このピリピリと初めて出会いました。一口頂いて衝撃を受け、fall in love!! 

あまりにも私が美味しそうに食べるので、そんなに気に入ったのならと大使夫人が作り方を公邸のキッチンで教えてくれることになりました。 

私はその日のうちに材料を買い込み、早速、忘れないうちに自宅で作ってみました。 

激辛のファンの家族も大絶賛なのは言うまでもなく、それ以来、ピリピリは我が家の食卓に欠かしたことがありません。 

我が家では、鍋物、ラーメン、焼きそば、カレー、パスタ、ピザ、麻婆豆腐、ありとあらゆる料理にかけて頂きます。ピリピリはまさしく魔法の調味料です。ピリピリをほんの少しかけるだけでどんなお料理も驚くほど美味しくなります。 

私の友人パウロは、アンゴラ系アメリカ人です。彼にピリピリの話をしたらアンゴラにも同じようなチリソースがあると言い、そのソースを自ら作ってくれました。 

ピリピリより複雑な味のチリソースでした。 

たまねぎ、トマト、ピーマンも入った、さわやかな風味でメキシコのサルサにも似た感じのチリソースでした。
 


(左がモザンビークのピリピリ、右がアンゴラのチリソース)
 

アンゴラのチリソースも、食べ方はピリピリと同じで食卓において気に入ったようにお料理にかけて頂いたり、チキンやお魚料理の下味としても使うそうです。 

モザンビークとアンゴラどちらもアフリカ大陸の同じ緯度にあり、東海岸側のモザンビーク、西海岸側のアンゴラと対称の位置にあります。どちらもかってのポルトガルの植民地。 

私たち日本人にとってはどちらも区別がつき難い遠いアフリカの国ですが、それぞれ、独自の文化を持った国だと言うことをこのチリソースが物語っているようです。 

私はそれぞれの国に心から敬意を表したいと思いました。

(写真と文 小川美穂)

馬喰町ART+EATで「ピリピリ」を販売しています。
お食事をオーダーしていただくと、一緒にピリピリもお持ちしています。
ぜひ、お試し下さいませ。




馬喰町ART+EATオンラインショップでも取り扱っております。
2個からご注文いただけます。(クール便となります。)

《ご注文ページはこちら》


また、定期的にピリピリ教室を開催しております。
ブログでもお知らせいたします。

何にでも合う(納豆にも!)ピリピリをぜひ一度お試し下さいね!


2015.11.30 Monday 22:06

今年最後の展覧会

11月が終わり、もう今年もあと1か月。
今年最後の展覧会のお知らせです。

手からうまれる。

兼子美由起/うつわと古本 
ソウマノリコ/手つむぎ糸と織り

2015.12.1(火)〜12.25(金)
(12.23と24は営業いたします)



それぞれの作家が教える《繕いワークショップ》を企画しました。

ソウマノリコさんは、はき古したお気に入りのくつ下をクマにかえる方法を、
兼子美由起さんは、かけた器を再び使えるようにする方法を。

そして、今回の特別ゲストとして、
見えないものを紡ぐ方法を、朗読家の岡山圭子さんに教えていただきます!


詳しくはこちらです。
《繕いワークショップについて》


ソウマノリコさんの「くつ下でクマを作ろう!」は針の運針ができれば、お子様でも参加できます。
ぜひ、親子で参加してみてはいかがでしょう。
大きいクマ、小さいクマができますよ!



展覧会についてはこちらをご覧くださいませ。

2015.11.30 Monday 21:57

11月の展覧会は終了いたしました

早川ユミ「ちくちく絵を描くように。展」は無事終了いたしました。
お越しくださいました皆さま、オンラインで作品を見てくださった皆さま、ありがとうございました!
ユミさんの作品が一同に集まる展覧会は終わってしまいましたが、一部をオンラインショップに掲載中です。
ぜひ、また覗いてみてくださいね!

早川ユミ作品ページ





2015.11.28 Saturday 11:35

小川美穂「レバノン料理がおいしいわけ」

馬喰町ART+EATのランチのレシピを作っている料理研究家・小川美穂が綴る「世界の食をめぐる」楽しいエッセー。
実際に滞在したアフリカや中近東の国々のおいしい家庭料理の作り方や、「食」をキーワードにして観たそれぞれのお国柄、興味深いエピソードが満載です。
これまでのバックナンバーをご紹介します。

 

「世界で最も美味しいのはレバノン料理だ」と、いうことを聞いたことがあります。 

では、なぜ??? 

レバノンは地中海に面したアラブの中の小国です。 

しかし、アラブとは思えないほど緑が多い国、 

人々は1年を通して豊富な種類の野菜と果物を食します。 

そうなんです。レバノン料理には、トマト、ナス、キュウリ、ニンジン、タマネギなどの野菜や、パセリ、コリアンダー、ミントなどのハーブが驚くほどたくさん使われます。また、レモン、オレンジ、リンゴ、ブドウ、サクランボ、ビワ、ザクロなど、みずみずしい果物がいつでも食後のテーブルを彩ります。 

さらに、レバノン人は乳製品と豆類と絞りたてのオリーブオイルもふんだんに食べます。 レバノン料理はとっても健康的なバランスの取れた食事なので、体が自然に美味しいと感じるお料理なのです。 私は外交官の夫と二人の子供たちと2年間レバノンのベイルートで暮らしました。私たち家族は大好きなレバノン料理を食べるたびに、「レバノン料理はすべ ての料理の原点ではないか?」と話し合っていました。   

イエス・キリストが誕生した以前から、人々はこの地をクロスロードとし、文化や貿易を交流させてきました。当然、彼らが食べていたであろう食事もこのクロスロードを通じて各地に広がったに違いないと考えます。 

私たちが舌鼓を打っているフレンチやイタリアンも、元をたどれば実はレバニーズだったということもあるかもしれません。例えば、今日イタリア料理として人気の高いパスタのルーツは、中近東のクスクスだったのではないかしら? また、レバノンで食べられている丸いパンは、あらゆるパンの原形なのでは? 

私は、そんなことを考えながら、馬喰町ART+EATのランチメニューのレシピを作成しました。そしてこれからこのコーナーで、少しずつレバノン料理や、私が暮らした世界の国々のお料理をご紹介していきたいと思っています。

「レバノン風マトンのミートボウル」


 

●トマトソースでマトンのミートボールを煮込んだレバノンの家庭料理。マトンはミンチにして、タマネギのみじん切り、クミン、オールスパイスなどの香辛料を入れてよくこねます。中央に松の実を入れて丸め、トマトソースで煮込みます。みじん切りにしたパセリを混ぜたご飯もボール状に丸めていっしょに盛りつけました。





 

*日本ではマトンになじみが薄いせいか、食べず嫌いの人も多い気がします。フレッシュなお肉であれば、臭みがなくてほんとうにおいしいですよ。さまざまなハーブやスパイスを使えばさらに風味がアップ。このお料理は、レバノンでも人気の高いマトン料理です。 

(写真と文:小川美穂)


2015.11.27 Friday 16:26

唐津そば猪口、クロス取り皿(五寸)

小野哲平さんの唐津そば猪口と、五寸皿が入荷いたしました。
 

ひとつひとつの焼きむらが美しく、ずっと眺めてしまいます。

そば猪口としてだけでなく、湯吞みとしてもお使いいただけます。

五寸皿は、馬喰町ART+EATでも取り皿として重宝しています。
とても使いやすく、水気がすぐ切れる土のうつわです。













唐津そば猪口
《ご注文ページはこちら》

五寸皿クロス取り皿
《ご注文ページはこちら》

その他の小野哲平さんの作品はこちらからご覧頂けます。
小野哲平作品ページ


馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/

 



2015.11.27 Friday 15:19

旅茶わん 早川ユミ/小野哲平

◯旅茶わん 茶わん入れ 早川ユミ/うつわ 小野哲平


旅に持っていくお茶碗がそろっています。

小野哲平さんのうつわとそれをしまう早川ゆみさんの巾着袋。



手のひらにおさまるサイズです。



喉を潤すため、体を温めるため、さっと取り出して使えます。



両手のひらにおさまる小さなもののなかに、



うつわの色や形、布の手触り、紐の飾りの可愛らしさなどたくさんの良さがつまっています。










巾着にぴったりとおさまります。













紐には、それぞれ可愛らしい飾りが。

ユミさんが、旅で集めてきたものです。







旅茶わんのご注文ページはこちらです。



旅茶わん1



旅茶わん2



旅茶わん3



旅茶わん4








2015.11.25 Wednesday 14:39

早川ユミ ちいさな神さま

ちいさな神さま。

生と死の循環によりそうものたち。
2013年4月、「骨壺とちいさな神さま」展を開催いたしました。
小野哲平さんは、骨壺を。
早川ユミさんは、ちいさな神さまをつくりました。
そして、なんとも可愛らしいちいさな神さまが再び、ART+EATにやってきています。

ユミ「タイやブータンの人たちみたいに、お墓に連れてくちいさな神さまをつくりました。」

ユミさんのあたたかい手からにゅんっと姿を現した神さまたち。
毎日のお守りとして。ふっと、笑顔にしてくれる神さまたちです。













神さまのおくるみもご用意しています。







ちいさな神様
◯ガネーシャ    《ご注文ページはこちら》
◯母子       ご注文ページはこちら》
◯細い顔の神さま  《ご注文ページはこちら》



○展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/


2015.11.25 Wednesday 13:17

早川ユミさんのカピバラ。

早川ユミさんのカピバラ。

ちょっとした小物入れに。ハンコがぴったりおさまるサイズ。玄関に置いて愛でたい。
なんとも愛らしいカタチ。

大中小あります。




大 サイズ 4.5cm×12cm×9.5cm(幅×体長×高さ)



中 サイズ 4.5cm×11cm×8cm(幅×体長×高さ)



小 サイズ 3.5cm×10.5cm×7cm(幅×体長×高さ)


後ろ姿がなんとも。。


カピバラ大の《ご注文ページはコチラ》

カピバラ中の《ご注文ページはコチラ》

カピバラ小の《ご注文ページはコチラ》

○展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/




 

2015.11.24 Tuesday 11:35

早川ユミ オーガニックガーゼのカシュクールワンピース

早川ユミさんのオーガニックガーゼのカシュクールワンピースは、ふんわりしていてとても着心地が良いです。
夏はそのまま、冬はタートルのセーターを重ね着したり、着方、着回しいろいろ。
とても女性らしい、やわらかさのでるワンピースです。
白に近い生成と、柿渋でそめたピンクよりの柿渋色の2色です。
生成はショート丈とロング丈があります。

















こちらはショート丈










○オーガニックガーゼ カシュクールワンピース ロング 白

肩幅32cm 着丈110cm
25000円

《ご注文ページはこちら》


○オーガニックガーゼ カシュクールワンピース ショート 白

肩幅31cm 着丈78cm
25000円

《ご注文ページはこちら》


○オーガニックガーゼ カシュクールワンピース ショート 柿渋

肩幅33cm 着丈82cm
25000円

《ご注文ページはこちら》



○展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/





2015.11.24 Tuesday 09:40

早川ユミの衣服組み合わせ

シン族手織り布ジャケット×リトアニア麻もんぺ


赤と緑が印象的な手織り布を使ったジャケットにリトアニア麻もんぺのギンガムチェックを合わせました。








○シン族手織り布ジャケット
サイズ
肩幅+両袖丈140cm 丈47cm
110500円

《ご注文ページはこちら》


○リトアニア麻もんぺ
サイズ 丈83cm ウエストゴム
29900円

《ご注文ページはこちら》



○展覧会の作品を紹介しております。
詳細等お気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-6413-8049
メール shop@art-eat.com

馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/creator_cat/hayakawa-yumi/

<<new | 3 / 18pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.