2015.10.05 Monday 22:08

てまぜ教室9月

7月から12月まで、定休日の木曜日にてまぜ教室をひらいています。
9月は【糸と針と布】の第2回目「織る」、【紙とペンとはさみ】の第2回目「切る」
をそれぞれ行いました。

今月のてまぜウォーミングアップはこちら。

この長い紙ひもを使って、、



織っていきます。行きたい方向は自分で決めて。
指が慣れるまでは、頭を使います。


慣れてくると、いろんな太さで、いろんな方向に自由自在。
ノートのページを細く切ってやっていた暇つぶしのてまぜ。


【糸と針と布】「織る」9/10 12:30~15:00

第二回は体を使ったてまぜ。
テーブルと自分の体をつないで、その間に紐を織っていきます。



つながってます。。

テーブルとつながっている紐をゆるめたり、きつくしたりするために、体の力を微妙に抜いたり、入れたり。
手先だけではなく、体全体で織る。なんだか不思議な体験でした。


できた紐たち。
2時間半があっという間にたってしまいました。



ソウマさんの熟練のわざ。。(織り機も使ってます。)


そして、
第一回目の「縫う」の続きをやってきてくれた方がいました!
素晴らしいできです。




◯【紙とペンとはさみ】「切る」9/17 12:30~15:00

折り紙シールを使ってカタチを見つけよう。
世界の巨匠•マティスもやっています。
描くのではなく、「切る」ことでデッサンしていきましょう。
切り絵は「はさみのデッサン」です。



思いついたカタチを切りとると、それと同時に切り取られたカタチ以外のものが残ります。
切ることは、同時にふたつのカタチを生み出しているのです。
実像と影のように、いつもセットです。
細胞分裂のように、カタチは増えていくのです!
時折、影の方がおもしろいことも。



ひとつを3~5分くらいのペースでどんどん切って作っていきました。

↓切り取った方と、切り取られた方をうまくつかっていますね。



具体的なものでも、はさみに手をまかせていい加減(テキトウ)に切っていくのもおもしろい。
カタチが合ってなくてもまったくきにしません。



できた切り絵シールは、絵画のように一枚の紙に構成して貼ってもいいし、
封筒や、紙袋にはってプレゼントにしてもすてきです。

↓封筒や、紙袋もキャンバスです。
自分の作品を仕上げるみたいに、真剣に楽しみましょう!



《次回のてまぜ教室》

【針と糸と布】10/8  第3回 紡ぐ 10/8
【紙とペンとはさみ】10/15
第3回 描く 10/15   「描く不思議。ルールは、消さない。直さない。あきらめない。」

お楽しみに!!

 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.art-eat.com/trackback/156
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.