2014.02.19 Wednesday 14:31

地球ごはん


お隣のキッチンから「きょうなに食べる?」と聞く声がする。
「たまには変わったものが食べたいね」
「カーニバルの国のソウルフードとか?」
「この前見た映画で遊牧民が食べてた羊料理とかさ」
そんなときに開いてね。
この本はそんな人におすすめです。

自由国民社から¥1890

アジア、アフリカ、中近東、アメリカ、中南米のごはんが載っています。
もちろん、ART+EATのメニューにあるレバノンのチキンバーベキュー、ラム肉のカフタなども。
表紙のごはんは、アフリカ・カメルーンの煮込み料理ズム。
鶏肉、玉ねぎ、ほうれん草をピーナッツクリームで煮込んだカメルーン家庭料理。
甘いソースの中にはトマトの酸味とピリッとチリの隠し味。
キャッサバやプランテンバナナを粉にして練ったフフと一緒に食べます。
クスクスにもとても合うので、手に入ったらぜひ試してみてください。
ART+EATのメニューには常時ありますので、「まずは食べてみよう!」という方大歓迎です。

他にもこんなごはんが載っています。

インドネシア、スラバヤの郷土料理。黒いビーフスープ「ラウォン」


ブラジルのソウルフード、黒インゲン豆と牛モツをふんだんに使った「フェジョアーダ」


アメリカ・ニューオリンズ、南部の名物料理。ケイジャンスパイスを使ったピリ辛「ガンボスープ」



普段、出会えないごはんたち。
お土産などで、もし!変わったスパイスや調味料を貰った時は、この本の巻末を開いてみてください。
食材indexページがあります。
そこに載っているものがひとつでも、おうちにあったらチャレンジできます。
異国の日常がもうすぐそこです。

 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.art-eat.com/trackback/126
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.