2013.03.23 Saturday 14:14

山口愛百貨展

 山口愛百貨展始まっています。
ART+EATスタッフでもある山口本人がご案内いたします。

入って右の壁には、絵を隙間なく敷き詰めました。


設営している時も、絵を描いているようでした。画面に絵の具をのせるように、真っ白な壁に色や形を配置して行きました。私は、生きていきながら共にした出来事や時間を想い、描いています。だから、今回の壁面展示は、「その時」というものを描き→そうしてできた「絵」でまた→絵を描いた、ということになります。小さなカケラとしての自分をくるんでいるような、自分と自分が再度出会う感覚がありました。
「いつの時も絵を描いている」という感覚を身につけたと感じています。

↑こちらは「真夜中のドローイング」と「美しい日々」原画

何を描いても大丈夫と思えるようになるまで、一晩に何枚も描きます。文章も書きます。
展示してあるものは抜粋、一部です。
ファイルも置いていますので、ゆっくり見て頂ければうれしいです。

「美しい日々」 和綴じ製本 114ページ ¥5,250

小さな生死を繰り返すように、いつの瞬間も新しい景色と私がいます。共に過ごしたそういう景色達を1ページずつの漫画にしました。和綴じ製本によって、柔らかくページを繰ることができ、パラパラと走馬灯のようにご覧頂けるのではないかと思っています。

こちらは「やさしい獣メッセージカード」 小¥250 中¥315 大¥525

素材はダンボール。私はどこにでも、なんにでも描きます。
最近、「この人はやさしい獣だな。」という人に出会ったので、その出会いを記念してつくりました。動物に限らず、人、赤ちゃん、虫、いろいろを獣としてとらえました。
つくっていて本当に楽しかったです。描いた絵を切り抜いて裏返すと、自分が描いたとは思えないような形だったりするからです。絵が物質になる不思議さを発見しました。
ぜひ、一言メッセージを添えてどなたかに贈ってくださいませ。
どんな獣な人もやさしい感じになってくれるのでは、と期待します。

こちらは手描き紙袋  袋 ¥60  手提げ紙袋 ¥200

ちょっとした贈り物にお使い下さい。ハンカチを無造作にいれて女の子に贈ったりすると喜ばれるかもしれません。


百貨展なので、たくさんたくさんあります。ひとまずご紹介は、ここまで。
また後ほど、更新いたします。


山口





Comment:
2013/03/23 4:42 PM, momo wrote:
マルシェの時にエプロンや手提げを出してらしたかたでしょうか。愛は音楽って言う 赤ちゃんを抱き上げているお母さんの絵の。
2013/03/23 9:20 PM, 山口 wrote:
そうです。マルシェに出品していました。山口愛です。
今回の個展も盛りだくさんです。
ぜひ、お越し下さいませ。楽しんで頂けると思います。
2013/03/23 10:57 PM, momo wrote:
そうですか。エプロンの詩は記憶違い、「僕は歌う〜パパは音楽、ママはお月様」でした。実は赤ちゃんをずっとまっていた友人のところにお祝いがあったら是非あげたい(あの赤ちゃんをだきあげている絵がすてき)と思っていたのですが。今月待っていた養子の赤ちゃんがとうとうきたのです。来週渡せるのが楽しみです。今回の個展は山口さんの魅力がまた全開ですね。
2013/03/26 11:21 AM, 山口 wrote:
そうでしたか。ご友人の方のところへあのエプロンが行くことを思うとわくわくします。ありがとうございます。momoさんもお時間ございましたらぜひ展示にお立ち寄り下さい。お会いできるうれしいです。
Add a comment:









Trackback:
http://blog.art-eat.com/trackback/111
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.