2016.02.13 Saturday 17:35

つくるというまじない

「つくるというまじない」水谷智美×山口愛
 2/12~2/27

展覧会によせて 山口愛

器のはじまりは、手のひらか、大きく開けた口だったと思います。
川の水をすくうために手のひらでつくったくぼみ。
雨水を飲もうと空に向かってぱくっと開いた穴。

絵のはじまりは、誰かが地面に引いた線だったと思います。
印のような、境界線のような線です。
絵という認識のない、意志を持って引かれた線。
踏まれたり、風で消えてしまった歴史に残っていない線たち。

器も絵も、はじまりはすぐに形の消えてしまうものであって、
そういう形のない最初の器、最初の絵が、たくさんの人によって、
つくられては消え、つくられては消え、繰り返されてきたのです。
その繰り返しが、私たちの深いところに根をはり、地下の水脈のように流れているのです。

今、私たちが器をつくることに喜びを感じ、
ただ線を引くだけ、点を打つだけで、心が解き放たれていくのは、
そうして生き延びてきた古代の人々からの「つくるというまじない」そのものだと、強く思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水谷さんの島根松江の工房。





水谷智美の作品。
彩Т錣箸いΑ釉薬を使わずに焼きしめた、独特の質感です。
出土したもののようであり、鉄のようでもあります。

以下は、水谷智美と山口愛の共同制作のものです。
ドローイングを得意とする山口の線は、すべて一発描きです。
薪窯で焼かれ、変化しながら線が器に定着しています。
アフリカ、韓国、イタリア、ギリシャ、日本などの遺跡や壁画、文様に影響されながら
独自の線をひいています。「絵」という認識の無い、意志を持った線は、即ち「解き放たれた線」です。
素材がなんであれ、山口はそういう線をめざしています。

展覧会では、陶のみならず、キャンバスや板に描いたものや、ことばの無い映像のような漫画を手製本したものなど、も展示しています。





角付き壺


蝶の模様の碗


壁掛け土器「豚」

長板皿 

陶板「泳ぐ人」ギリシャのフレスコ画から影響を受けた絵


「美しい日々」 和綴じ製本 114ページ ¥5,250

小さな生死を繰り返すように、いつの瞬間も新しい景色と私がいます。
共に過ごしたそういう景色達を1ページずつの漫画にしました。
和綴じ製本によって、柔らかくページを繰ることができ、パラパラと走馬灯のようにご覧頂けるのではないかと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
展覧会は2/27まで。ぜひ、お出かけ下さいませ。
オンラインショップでも水谷と山口の作品を掲載する予定です。
https://www.art-eat.com/event/majinai/


2016.02.04 Thursday 17:30

手紡ぎ手織りストール:ソウマノリコ

糸作家ソウマノリコさんの手紡ぎ手織りのストールが再入荷いたしました。

英国の代表的な羊で、1頭で3色ののブチ。
大判のストールですが、とても軽いです。

 

長さ:約172cm

幅:約45〜49cm







手紡ぎだと、機械紡ぎの場合必ずされる ”熱処理“ をしません。
熱処理される事で、羊毛が本来持つ捻れや縮れが伸ばされてしまいます。
すると真っ直ぐになってしまった熱処理後の羊毛は、
同じ太さの糸を紡ぐのに、より多くの糸が必要になります。
反対に、本来の捻れ縮れのある羊毛は少しの量で絡まりが良く、
ボリュームのある糸が紡げるのです。

ソウマさんの織り作品の中でも、特に素晴らしい仕上がりで、とてもオススメのストールです。



軽くて柔らかい手触り。



大きめのサイズです。体がすっぽり包まれます。




ソウマノリコ:手紡ぎ手織りストールSN03 ¥34560 

《ご注文はコチラです》


 

白いストールもございます。

長さ:約110cm

幅:約39〜43cm

ニュージーランドの代表的な羊の毛(ロムニー)を紡いで使っています。
ナチュラルカラーのホワイトで、少し荒めの織りとなっいます。
ふんわりと空気を含んでいるので、暖かく保温します。
いろんなホワイトが混ざったナチュラルな仕上がりです。
春先にもお使い頂けるストールです。







手紡ぎ手織りストールSN05
23,760円
《ご注文はコチラです》

 


2015.12.12 Saturday 12:57

いろんな羊の赤いストール

ソウマノリコさんの「いろんな羊の赤いストール」をオンラインショップに掲載いたしました。
赤い紡ぎ糸が鮮やかで、寒い冬も暖かい見た目と気持ちで過ごせそうです。








羽織るとこんな感じです。









「いろんな羊の赤いストール」
¥25,920

サイズ 37cm~41cm×114cm
178g

《ご注文ページはこちらです》


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「手からうまれる。」 ソウマノリコ/兼子美由起
https://www.art-eat.com/event/te/
日程:2015.12.1(火)〜12.25(金)

- 火・水 11:00〜19:00(L.O. 18:30)
- 金・土 11:00〜21:00(L.O. 18:30)
- EAT time 11:30〜18:30
(14:00までドリンクサービスあり)
- 日・月・木・祝休廊(但し、12/23,24は営業いたします。)
- 最終日17:00まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会期中、ソウマノリコさんと兼子美由起さんの作品が
馬喰町ART+EATのonline shopでもお買い求め頂けます!
その他にも、アートイートがおすすめする作家さんの作品が多数揃っております。
是非、一度覗いてみてくださいね。


馬喰町ART+EATオンラインショップ
https://www.art-eat.com/shop/





 

2015.12.11 Friday 18:51

「手紡ぎの糸は軽くて暖かい?」をソウマノリコさんに聞きました。

JUGEMテーマ:美術鑑賞

ソウマノリコさんの手紡ぎ、手織りの羊毛織りは、
ふわりと羽織るだけでぬくぬく。
そして、その軽さに驚かされます。

ソウマノリコストール

手紡ぎだと、なぜ軽さが出るのでしょうか。

ソウマノリコ羊毛パック

それは「機械紡ぎの場合必ずされる ”熱処理“ をしなくてよいから。」
なんだそうです。

熱処理される事で、羊毛が本来持つ捻れや縮れが伸ばされてしまいます。
すると真っ直ぐになってしまった熱処理後の羊毛は、
同じ太さの糸を紡ぐのに、より多くの糸が必要になります。
反対に、本来の捻れ縮れのある羊毛は少しの量で絡まりが良く、
ボリュームのある糸が紡げるのです。

ソウマノリコ手紡ぎ毛糸

厳選した世界の羊毛を、一本一本ご自身で手紡ぎし、
羊の個性に合わせるように作品を織り上げているソウマさん。
つやがあったり、ごつごつしていたり、
編み目の様子も、そしてその糸を紡ぐ段階でも、
羊毛自体の性質を大切にしているからこその奥深い表情です。

ソウマノリコ古物織り器具

今回の展示には、ソウマさんがコレクションしている、
アンティークの織り機など、
興味を誘う品々も展示されています。

この不思議な道具たちの使い方についてはまた後日書きたいと思います。


「手からうまれる。」展は今月25日(金)のクリスマス迄です☆


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「手からうまれる。」 ソウマノリコ/兼子美由起
https://www.art-eat.com/event/te/
日程:2015.12.1(火)〜12.25(金)

- 火・水 11:00〜19:00(L.O. 18:30)
- 金・土 11:00〜21:00(L.O. 18:30)
- EAT time 11:30〜18:30
(14:00までドリンクサービスあり)
- 日・月・木・祝休廊(但し、12/23,24は営業いたします。)
- 最終日17:00まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会期中、ソウマノリコさんと兼子美由起さんの作品が
馬喰町ART+EATのonline shopでもお買い求め頂けます!
その他にも、アートイートがおすすめする作家さんの作品が多数揃っております。
是非、一度覗いてみてくださいね。

https://www.art-eat.com/shop/







 

2015.12.04 Friday 18:46

兼子美由起さんの瓶にあわせて。

JUGEMテーマ:美術鑑賞

今月の馬喰町ART+EATの展示は「手からうまれる。」展。
羊毛を手紡ぎで織り上げる糸作家ソウマノリコさんと、
全ての作品をてびねりで仕上げる、器作家の兼子美由起さんの
まさに、手から作品を生み出すお二人の作品展です。

今回の展示会DMでもひと際目を引く、兼子さんの青い瓶も並んでいます。

兼子さんのボトル


この色鮮やかな青はコバルトの青。
他にも、今回は主に信楽土をベースとして、
笠間赤土、黒泥、半滋土をブレンドした3パターンの土で焼き上げた作品が並びます。

そして今日ご紹介したいのは、こちら。
桜の木の栓

兼子さんの瓶にあわせて、
馬喰町ART+EATオリジナルで「桜の木の瓶の栓」をご用意しています。

桜の木のそれぞれのかたちを生かして、
一本一本太さも、長さも違う瓶の栓。
兼子美由起さんの作品は、とても緻密で
電動ロクロを使わずに作られたとは思えない作品ですが、
ひとつひとつが彼女の手からうみだされているからこそ、
一見同じ大きさに見える瓶の口も形状が異なり、
桜の木の栓を差し込むと、表情の違いが如実に感じ取れて、
その中から、好みの相性のペアを探し出すのがとても楽しいです。

ボトルと栓

是非、ギャラリーで試してみてくださいね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「手からうまれる。」 ソウマノリコ/兼子美由起
日程:2015.12.1(火)〜12.25(金)

- 火・水 11:00〜19:00(L.O. 18:30)
- 金・土 11:00〜21:00(L.O. 18:30)
- EAT time 11:30〜18:30
(14:00までドリンクサービスあり)
- 日・月・木・祝休廊(但し、12/23,24は営業いたします。)
- 最終日17:00まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2015.12.02 Wednesday 17:10

兼子美由起のうつわ

ギャラリーには、筑波で作陶する陶芸家・兼子美由起さんの作品が静かに並んでいます。
作品は作家そのものだなあと、ギャラリーにたたずむ兼子さんとうつわを見て思います。






兼子さんは、ロンドンで陶芸の基礎を学び、その後シンガポールで中国人陶芸家と出会い作陶の素晴らしさを知ったそうです。
時間はかかりますが、ひとつひとつ、手びねりで作られたうつわは、やさしく、そしてとてもしっかりとしています。
自然なかたち、自然な色彩。
普通に使いやすいうつわを作る、ということが簡単なようで、実はなかなか難しいことなのかもしれません。

ブログで少しずつ今月の展覧会の作品を紹介していきますね。

◯ボウル

こちらは、馬喰町ART+EATでもお料理に使用しています。
たっぷりすぎるくらい、たっぷりとスープがはいります。










サイズ 直径15cm 高さ約8cm

《ご注文ページはこちら》


◯模様カフェボウル

搔き落としの模様の入った、カフェボウルで、とても女性的だと思います。
美しい曲線に、まっすぐは入った線がひきたちます。










どこか、時間を止めてしまうような力が、兼子さんのうつわにはある気がします。

サイズ直径11cm 高さ8cm

《ご注文ページはこちら》


今月の展覧会の作品は、こちらでもご覧頂けます。

《今月の展覧会ページ》

今回一緒に展示している糸作家のソウマノリコさんの作品や、小物も紹介しています。
ぜひ、ご覧下さいませ。








 

2015.12.01 Tuesday 17:34

手からうまれる。

今年最後の展覧会、「手からうまれる。」

静かな空間となっております。



ソウマノリコさんの手つむぎ手織りの暖かいストールとマフラー。



兼子美由起さんの手びねりのうつわ。
そして兼子さんが運営する「女子系古書部」の古本たち。





おふたりの作品は毎日少しずつ、オンラインショップに掲載していく予定です。

馬喰町ART+EATオンラインショップ


そして、今月はクリスマス。
特製ジンジャークッキーをご用意しました。
ginger boy & ginger girl
ジンジャークッキーとジンジャーココアクッキーの2枚セット。
クリスマスオーナメントや、プレゼントにいかがですか?



《繕いワークショップ》

5日はソウマノリコ繕いワークショップ「はき古したくつ下でクマを作ろう!」



12/5(土)
14:00~16:00 
17:00~19:00  各定員10名
参加費 ¥2500(子ども料金¥1500)

※運針ができるお子様はご参加いただけます。ぜひ、ご家族でご参加くださいませ〜。大人の大きいくつ下と子どもの小さいくつ下で、かわいい親子クマができますね。

穴があいたくつ下でもOKです!
特製の道具を使った繕い方も伝授いたします。
セーターやストールなどの穴にも応用でき、繕いが楽しくなりますよ。

お申し込み&詳細はこちらです。

こんな穴だって、


この道具を使えば


ほら、このとおり!


WSお待ちしております(*^o^*)

2015.11.30 Monday 22:06

今年最後の展覧会

11月が終わり、もう今年もあと1か月。
今年最後の展覧会のお知らせです。

手からうまれる。

兼子美由起/うつわと古本 
ソウマノリコ/手つむぎ糸と織り

2015.12.1(火)〜12.25(金)
(12.23と24は営業いたします)



それぞれの作家が教える《繕いワークショップ》を企画しました。

ソウマノリコさんは、はき古したお気に入りのくつ下をクマにかえる方法を、
兼子美由起さんは、かけた器を再び使えるようにする方法を。

そして、今回の特別ゲストとして、
見えないものを紡ぐ方法を、朗読家の岡山圭子さんに教えていただきます!


詳しくはこちらです。
《繕いワークショップについて》


ソウマノリコさんの「くつ下でクマを作ろう!」は針の運針ができれば、お子様でも参加できます。
ぜひ、親子で参加してみてはいかがでしょう。
大きいクマ、小さいクマができますよ!



展覧会についてはこちらをご覧くださいませ。

2015.09.08 Tuesday 15:42

早川ユミ新作もんぺ

早川ユミさんの新作もんぺが入荷しました。
webshopにも掲載しましたので、ぜひご覧くださいませ。

たたんで重ねるだけで、布の美しさを楽しめますね。


こちらは、静岡の布、遠州紬を使ったもんぺ。
縞模様と、ゆみさんの墨てんてん模様のポケットが絶妙です。
柄物同士なのになじんでいます。
絵を描く様にちくちく縫うユミさんならではの組み合わせです。



こちらは、岡山のびんご節織を使ったもんぺです。
しっかりとした生地です。はいていくうちに、麻のように肌になじんでいきます。




並べると、それぞれの布の美しさがわかります。


早川ユミさんの個展は、今年の11月に予定しています。
WSもあります。詳細はおってお知らせいたします。
どうぞお楽しみに!

webshopでは、随時早川ユミさんの作品を取り扱っています。
ぜひ、ご覧くださいませ。

馬喰町ART+EATwebshopはコチラ

 

2015.04.07 Tuesday 15:53

水谷智美さんのお皿がとどきました。

水谷智美さんのお皿が届きました。
彩Т鐶扮濟(小¥2700、大¥3780)
一つ一つ違い、絵本の中からでてきた絵画のようなお皿です。
海、星空、明るい夜、想像がふくらんでしまいます。
ぜひ、お出かけ下さいませ。




















 

<<new | 1 / 7pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.