2017.11.02 Thursday 17:55

BAR檸檬 開催*「檸檬は爆発の時を待っている」期間中イベント

こんにちは!

10.20(金)から始まりましたアートイート10周年記念展、

「檸檬は爆発の時を待っている」期間中イベントのお知らせです!

 

 

この展覧会はアートイート開店10周年を記念して、

アートイートに携わってくれたスタッフのアーティスト10名の新作展となっています。

 

梶井基次郎の檸檬のように、世界にこっそり爆弾を仕掛けるようなアート。

それぞれの作家がこの「檸檬は爆発の時を待っている」というタイトルで新作を制作しました。

 

 Bar檸檬 オープン!

 

会期中の週末(金・土)の18:00-22:00にBar檸檬をオープンします*

美味しい手作りおつまみで気軽に一杯いかがでしょうか?

 

 

おつまみ一例。ALL500円です!

 

そして、10/27・11/4・11/11はBar檸檬にてパントマイムパフォーマー佐々木諒によるパフォーマンスも。

 

↓初日10/27の様子です*

 

佐々木は、大学院で彫刻を専攻後、身体表現に興味を持ちパントマイムの道へ。

今回の展覧会に合わせて、各作家の作品に干渉した「檸檬は爆発の時を待っている」パフォーマンスを披露してくれました。

 

10年以上のダンス経験があり、ひとつひとつの動きで空間を作り上げていきます。

パフォーマンスが終わると、展覧会全体の見え方も変わってきます。

 

パフォーマンスの後、ゆっくりお話を聞くこともでき、

とっても充実の時間を過ごすことができました*

 

次回パフォーマンスは、11/4と11。

パフォーマンス時間は18:00-22:00の間にランダムとなっています。

 

是非お酒を飲んでくつろぎながら、作品世界をお楽しみください*

 

 


2017.09.20 Wednesday 15:14

ついに「馬喰町ART+EATのEAT-ART展 全記録」ができました!!

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店

こんにちは!

2017年3月に行われた「馬喰町ART+EATのEAT-ART展―食べる・考える・伝える」展の全記録をまとめた本が完成いたしました!

内容をちょっとだけご紹介します!

 

 

この本は「馬喰町ART+EATのEAT-ART」展に出品していただいた14組の生産者さんの紹介に加えて、

会期中に行われた2つのトークと、2つのワークショップ、最終回として行われたトークの内容をまとめた「全記録」となっています!

 


 

「いろいろな食の危険が言われているけれど、結局、普段の生活で気をつけられることがわからない」

 

そんな誰もが持っている気がかりとじっくり向き合っていくと

「信頼できる生産者から食べ物を買おう」というシンプルな考え方に辿り着きました。

 

EAT-ART展では、お米・いりこ・珈琲・野菜・コンフィチュール・パン・ココナッツ・お茶・塩・焼き菓子・しょっつる・梅干しなど幅広いジャンルの14組の生産者に、食品を作る過程や食への想いをパネルで展示、そして丁寧に作られた自慢の商品を販売していただきました。

 

 

馬喰町ART+EATのEAT-ART展の展示風景。

 

大人気だったシェモモのコンフィチュール。

 

 

生産者の個性がわかる展示となり、多くの方にご来場いただきました。

 

トークでは、野菜農家のキレド栗田さんが会社員からどのように野菜農家になったのか、

cocowellの水井さんが、環境問題の勉強のためにフィリピンを訪れ、なぜココナッツ食品を始めたのか

お米農家やまざきの山崎さんがどのように開かれた農家を目指したのか、

いりこやまくにの山下さんのいりこ漁業の現場のお話など普段聞くことのできない貴重なお話をたくさんいただきました。

いつもはアート作品や器の展示が多いアートイートですが、

出品していただいた方々の大量生産できない丁寧な仕事のお話に、食品もまた作品だと考えさせられました。

 

最終回として行われたトークでは、会期中に寄せられた皆さんの食に関する「気がかり」を

元農林水産省勤務で現在は北海道産ナチュラルチーズ専門店「チーズのこえ」店主の今野さんと一緒に考えました。

とても面白い内容で、食品と個人がどうやってつき合っていったら良いかということへのヒントになりました。

 

こんなに良いイベントをこのままで終わりにしてしまうのはもったいない!!

 

特にトークは、記録に残さなければ消えてしまいます。そこで、トークの内容を全て記載した記録集を作りました。

会場に来ていただいた方にも、来られなかったけど気になっていたという方にも、こんなイベントがあったなんて知らなかった!という方にも、「食」に対してなんとなく気がかりに思うことがある全ての方へ。

A4サイズ全44ページで540円です。

出品者さんの紹介ページは個人の生き方や考え方を知る読み物としても楽しく、

14組の出品者さんに共通する意識が見えてくるのでぜひ通して読んでほしいです!

問い合わせ先も全て記載されているので、気になった食べ物はそれぞれのHPなどで買うこともできます。

ネットショップの他、店頭でも販売しています。

 

 


2017.06.22 Thursday 12:43

2017年2月のお味噌WSご参加の皆さまへ

梅雨入りの時期になりました!そろそろお味噌の天地返しをお願いします。

”縮未縫ビがあれば消毒したスプーンで取って下さい。ビニール側面もきれいに拭き取ります。

 

下の方も、カビをスプーンで取り除きます。

 

こねない様に軽く全体を混ぜ合わせます。天地返しをすると、色むらが少なくきれいな仕上がりに!

 

ぅ咼法璽襪梁μ未里味噌をきれいにします。

 

ゾ弾妊好廛譟爾靴織ッチンペーパーで拭き取ります。カビ対策でこれは必須です‼

 

Δ味噌の表面を平らにして、ラップをぴったりかぶせます。ビニールを整えて、夏までお待ち下さい!
***お塩の重さを半量(250)にして下さい。A+E味噌はまだゆるめでしたので、350弔砲靴討澆泙靴拭

 


2017.05.19 Friday 13:19

浅野友理子展「肥沃の森」イベントまとめ

 

開催中の浅野友理子展「肥沃の森」の関連イベントについておまとめです📣

 

 

  • 東北の農山村や海辺を食文化について取材しながらの作品制作

 

 

 

浅野友理子さんは東北の食文化を題材として油彩と日本画の技法両方を使った絵画を制作しています。

山形に住み、日々東北の農山村や海辺でその土地の女性が受け継いできた食文化を取材しています。

彼女の作品の1点1点に、そうしたフィールドワークから得たものが込められています。

 

各地で脈々と続く生活文化に興味を持ち、 現在は東北の農山村や海辺の地域を訪れています。 身近な動植物から生まれた独自の食文化。 その一つ一つの工程には先人たちの知恵が詰まっています。 現地の女性たちにその方法を教わったり、日々のエピソードを聞くことが、 私の作品づくりのはじまりです。 素朴な日常は、外から訪れた私の目に鮮やかに飛び込んできます。
                                     (浅野友理子)

 

\ONLINESHOP/ こちらのページでも浅野友理子の作品をご覧いただけます。

 

  • 【イベント情報】

 

*展覧会関連イベント

 

5/20(土)【アーティストトーク】 

15時、17時より開催。※参加無料、予約不要

 

浅野さんに1枚1枚の作品について、どういった取材を元に描かれているか解説していただきます。

作家さんご本人に詳しくお話を聞くチャンスです!

 

*展覧会関連イベント

 

6/3(土)【スペシャルクロージングイベント】

 

鼎談「肥沃の森の民俗と食文化」予約受付中

6月3日(土)17:00~19:00 開場16:30  

林のり子 (パテ屋主人/〈食〉研究工房主宰)×石倉敏明(芸術人類学者)×浅野友理子(画家)

参加費:¥3,500(肥沃の森の小腹弁当付き)

定員:30名 ※要予約

 

田園調布で大人気のパテ屋の店主であり、世界の食の仕組みを気候・環境・歴史・文化から探っている林のり子さんと、芸術人類学者であり、インド・ネパール・東北日本各地で聖者や女神信仰、「山の神」神話調査を行い、近年は秋田を拠点に北東北の文化的ルーツに根ざした芸術表現の可能性を研究している石倉敏明さんのお2人をゲストに迎えた、スペシャルトークです。

浅野さんの作品の題材である東北山間部の民俗学に造詣の深いゲストと共に、

作品世界をより掘り下げることができるトークイベントとなりそうです!

トークの後で観る作品はまた違った側面を見せてくれるかもしれません。

1度ご来場いただいた方にも、ぜひ観に来ていただきたいです。

 

・小腹弁当付きです!

 

作品にも登場する「トチ」の蜂蜜、パテ屋さんのレバーパテ、

山形県の山菜・温海カブなどを盛り付けた小腹弁当をいただきながらの

\\視覚•聴覚•味覚を刺激//するトークショーです。

 

 

山形のこごみ。

 

お申込みは電話(03-6413-8049)、info@art-eat.comにて承ります。

.ぅ戰鵐般将△名前 人数 い艦⇒軅茲鬚知らせください。

メールにてお申し込みの場合は、こちらからの返信メールをご確認いただいた時点でご予約が完了致します。

「お申し込みメール」「返信メール」ともイベント当日まで保存していただくようお願い申し上げます。

キャンセルは、1日前からキャンセル料(全額)が発生致します。ご了承下さいませ。

 

 


2017.05.17 Wednesday 17:44

〈食〉をめぐるトーク&イート最終回 予約受付中<5/19>イベント情報

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店

 

金曜日5/19は、〈食〉をめぐるトーク&イート最終回です。


テーマは、「〈食〉をめぐるみんなの気がかりを解く手がかり」


 


 

  • ゲストは「チーズのこえ」店主、今野徹さん

 

馬喰町ART+EATが企画する〈食〉についてのトークイベントです。

ゲストに清澄白河の日本初北海道産ナチュラルチーズ専門店「チーズのこえ」店主、今野徹さんをお迎えします。
今野さんは、農林水産省に勤務されていた時代から週末のたびに全国の農村を訪ね歩き、

全国の生産者と消費者をつなぐ様々な活動をしていらっしゃいます。
環境、災害、貧困、格差、開発経済、脱貨幣資本主義、地域活性、リスクコミュニケーション等を

テーマにしたワークショップを開催するなど、幅広い分野に造詣の深い今野さんと一緒に、

〈食〉をめぐるみんなの気がかりを解く手がかりを探っていきます。

 


 

  • 皆さんの「気がかり」

イートアート展の会期中に皆様に書いていただいたアンケートから皆さんの食にまつわる気がかりを

⒈〜⒌のトピックにまとめました。当日はこちらを元に、トークを進めていきます!

 

⒈<食>がブームになり、ファッション化しているのはどうなんだろう?

 

⒉<オーガニック>って買う人が参画する循環として捉えた方がいいんじゃないか?

 

⒊<放射能>の影響とどう向き合っていけばいいの?

 

⒋<食の安全>についてインターネット情報だけでなく、リアルな体験から情報を得よう。

 

⒌<買い物をする>という行動が社会を変える?

 

「食に関する気がかり」について皆様の回答はとても多岐にわたり、

オーガニックや添加物などの食品表示?・放射能の影響?・一次産業?・消費者ができること?・食事?など

本当にいろいろな方面から食について気がかりに思うことがあり、とても複雑な現状が垣間見えました。

そんな気がかりが少しでもスッキリするような時間になればと思います。

 


 

 

  • スペシャルなおみやげ

 

ご来場の皆様には、馬喰町ART+EATのEAT-ART展―食べる・考える・伝えるで開催した

下記2つのトークイベントを収録した冊子(12Pカラー)をお配りします!

【トーク&イート 
3月11日(土) 15:30開場 16:00開演 17:30終演予定
水井裕(cocowell代表)「ココナッツが人と環境のためにできること」
クリタタカシ(野菜農家kiredo代表)「いまこの国で農業をするということ」
司会: 武眞理子(馬喰町ART+EAT主宰)

【トーク&イート◆曄
3 月18 日(土) 14:30受付開始 15:00開演 16:30終演予定
ごはんvsいりこ 山瑞弥(お米農家やまざき)×山下公一(いりこの やまくに )

過去のイベントに来られなかった方にも、ぜひ知っていただきたい生産者の声が詰まった冊子になっています。

 

 


 

 

  • おいしい夕餉をいただきながらのトークイベントです!

 

そしてもちろん馬喰町アートイートのイベントなので、おいしい夕餉付きです🍴
*今野さんセレクト北海道産ナチュラルチーズ

*今野さんセレクトの赤ワイン&白ワイン

(チーズのこえ)
 

cheese plateau in 'Meet Japan wine in Osaka'.

チーズのこえさん(@cheese_no_koe)がシェアした投稿 -

野菜ピュレのスープ(島にんじんとバターナッツ)

(野菜農家キレド)

 

 

 

 

*バケット(ル・サンク)

 

シンプルな夕餉を味わいながら、
多様で複雑に絡まり合った「食」をめぐる気がかりについて、気軽に意見交換できたら幸いです。

 

ご予約は03-6413-8049info@art-eat.comまで!!

 

<食>をめぐるトーク&イート最終回
2017年5月19日(金)19:30〜21:00 開場19:00
参加費¥3000(パンとチーズとスープとワインのミニサパー付き)
要予約 定員40名

 

 

〒101-0031
東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル202
TEL:03-6413-8049

 

都営新宿線[馬喰横山]A1出口より徒歩2分
JR横須賀線・総武快速線[馬喰町]西口2番出口より徒歩2分
日比谷線[小伝馬町]2、4番出口より徒歩6分
都営浅草線[東日本橋]より徒歩6分

 

営業時間
火・水・木 12:00〜19:00(L.O.18:00)
金・土 12:00〜21:00(L.O.20:00)
日・月・祝 休み

  


2017.03.08 Wednesday 00:00

小豆島から馬喰町へ!「馬喰町ART+EATのEAT-ART展」出展者紹介

こんちには。開催中のEAT-ART展から、素敵な出展者さまと商品をご紹介します。
EAT-ART展はお持ち帰りできる商品の他にも、日替わりのイートインや試食が充実しています。


2017.3.8イートイン「早川ユミ×馬喰町ART+EAT 小腹ごはん」


人気で残りわずか2瓶(今週末入荷予定)のシェモモ コンフィチュール


出展者さんの気持ちのこもった商品がたくさん入荷しています。

どれも展示パネルを読むと欲しくなってしまうものばかりです。
今回は小豆島のみなさんの商品を紹介します!





EAT-ART展では、小豆島から

namimaさん


波花堂さん


HOMEMAKERSさん


に出展していただいています。



*namima*

小豆島の食材を使ったパウンドケーキとスコーン♪


パウンドケーキ(醤油、にんじん)スコーン(お芋)各378円

お醤油のパウンドケーキは小豆が入っていてとてもやさしい味です。

○イートインでドリンクセットにもできます。(760円)

お好きなスコーンもしくはパウンドケーキとドリンクのセットです。


*波花堂*

40年ぶりに小豆島の塩づくりを復活させた波花堂さんの「御塩(ごえん)」が入荷しています。


200g入り864円 100g入り562円

小豆島の海水でつくられたふわふわの塩は、テレビ等で紹介されてとても人気です。


*HOMEMAKERS*

小豆島で築120年の古民家である自宅を改修したカフェを営む三村さんご一家。

暮らしに必要なものを自分たちでつくるというモットーのもと野菜、果物、ハーブなど有機肥料で栽培されています。




今回の展示では、新鮮なお野菜と、炭酸水などで割って頂く

ジンジャーのきいたシロップ (100m l756円 300ml 1652円)

やほのかなジンジャーのドレッシング(648円)を買うことができます◎


こちらもご試食&イートインできますのでぜひ会場に足を運んでみて下さいね。


馬喰町ART+EATのEAT-ART展
馬喰町ART+EATのEAT-ART展―食べる・考える・伝える 日程:2017.3.1(水)〜4.1(土)


毎週末にイベントもりだくさんです。

ふだん聞くことのできない生産者さんや経営者さんのトークや

出展食品をつかったスペシャルメニューを楽しむ事ができますよ!


*第1弾はこちら↓*


ライフスタイルがとても素敵な千葉県で農業を営むkiredoのクリタさんと

フィリピンの貧困問題に取り組んでいるcocowellの水井さんのトークです。

【トーク&イート】
3月11日(土) 15:30開場 16:00開演 17:30終演予定
水井裕(cocowell代表)「ココナッツが人と環境のためにできること」
クリタタカシ(野菜農家kiredo代表)「いまこの国で農業をするということ」
司会: 武眞理子(馬喰町ART+EAT主宰)
・参加費:¥1500(1drink付) 
・要予約、定員40名
※準備のため15:00〜15:30はクローズ、終演後は19時まで営業いたします。
[特別メニュー]kiredoの野菜とcocowellのココナッツ製品を使ったオリジナルカレー

ご予約はお電話(03-6413-8049)かメール(info@art-eat.com)

または直接ギャラリーで承ります。


2017.01.18 Wednesday 16:15

「暮らしをつくる」

1月6日発売の「暮らしをつくる」(技術評論社)に早川ユミさんが紹介されています。

 

 

同書は「ものづくり作家に学ぶ、これからの生き方」をテーマに日本に住む7人の作家の仕事場と共にその仕事、暮らしについて写真を交えながら詳しいインタビューを掲載したものです。

 

早川ユミさんのページには高知県は谷相の美しい自然の光景が映され、そこに住まう作家が何を大切に思い、行動し、日々を紡ぎ続けてるかが丁寧に描かれています。

手仕事が生まれる根っこの部分が垣間見え、読後にユミさんの作品を手に取ると谷相の風景が目に浮かびます。

 

 

馬喰町ART+EATでは常時ユミさんの作品をお取り扱いしており、online shopからもご購入いただくことができます。

書籍とあわせてお楽しみください。

 

 

 


2016.10.04 Tuesday 11:19

馬喰町ART+EAT正社員募集

馬喰町ART+EATでは一緒に働く正社員を募集いたします。

 

◯仕事内容

・ART+EAT ギャラリー業務全般(事務作業、展覧会準備、資料作成、web作業、接客販売、その他雑務)

・ART+EAT BOOKS  編集アシスタント

 

◯募集人数

1名

 

◯勤務時間

月〜土 10:00~19:00 (うち週5日)

展覧会搬入搬出作業、編集の繁忙期には残業あり

夏期・年末年始休暇あり

 

◯勤務地

馬喰町ART+EAT

 

◯試用期間

6ヶ月

時給950円(試用期間中はアルバイトです。試用期間後に正式採用決定いたします。)

※交通費実費支給

 

◯応募資格

・45歳まで

・PC(mac) 必須

Photoshop 、Illustrator必須 (In Designを使えれば尚良し)

 

◯応募方法

下記2点をお送り下さい。

・履歴書(写真付き)

・志望動機(馬喰町ART+EATのサイトhttps://www.art-eat.comをご覧いただき、活動を理解した上で志望動機を1200字にまとめて下さい。)

書類審査後、面接の方のみご連絡をさし上げます。

 

委細は面接の時にご説明いたしますが、給料は安く、体力的にもきついです。ARTとEATに興味があるのはもちろん、自分なりに考えて行動し、この場所でやりたい事を実現していく方を求めています。

 

《履歴書送付先》

〒101-0031

東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビル202

馬喰町ART+EATまで

 


2016.09.03 Saturday 12:48

お味噌WSに参加されたみなさまへ

2015年11月お味噌WS参加の方へ
 

WSの際に一緒に仕込んだART+EATのお味噌が完成しました!

ちょうど良く塩慣れしたので、本日冷蔵庫に移動しました。

 

今年はとてもまろやかでしっかり発酵したおいしいお味噌になりました。

お味噌汁、おつまみ、その他いろいろなお料理に、、、。

楽しんで使っていきましょう〜。

 

一緒に作ったスタッフは、薫製味噌にする!と、意気込んでおります!

 

 

2016年2月お味噌WS参加の方へ

 

塩慣れするまでもう少し常温で保管してください。


2016.06.14 Tuesday 12:25

お味噌WSに参加されたみなさまへ

2016年2月お味噌WS参加の方へ

天地返しのタイミングです!

11月のご案内の用に天地返しをして重し(お塩)を半量にしてください。
http://blog.art-eat.com/?eid=182

今年はたまりがしっかり上がっているので、7月末には重しを外して、塩なれするまで追熟させてください。

2015年11月お味噌WS参加の方へ

今年はお味噌の発酵がとてもきれいに進んでいます!
7月初めには、重しを外して塩なれするまで追熟させてください。

<<new | 1 / 18pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.